20代男のワキガ対策日記

便秘がワキガのにおいを強烈にしてしまっている?

time 2017/08/19

便秘がワキガのにおいを強烈にしてしまっている?

ワキガのにおいは血からくる

 

ワキガの原因物質は、アポクリン腺から出る「たんぱく質交じりの汗」を肌にいる「常在菌が分解する」ことで発生します。

 

では、その汗はどこから来たものなのでしょう。

 

それは、「血液」です。

 

胃から吸収された成分はそれぞれの内臓で吸収、分解され着るまでの間血液中をさまよい続けています。

その血液を汗にする過程で、水以外の不純物として混ざってしまうものがあることで、汗のにおいやワキガのにおいの一部ができています。

 

駅で「この人酒臭いな・・・」と思ってしまう原因は口臭だけでなく、血液中に混ざっているアルコールが分解され切らないうちに汗として出てきてしまっているからなんです。

 

 

便秘は血液中の老廃物量増加を加速させる

要するに、血管内に不要な栄養分がたくさん流れてしまうことが問題ということです。

 

血液中にある栄養が多いほど、汗に含まれる栄養も増えます。

すると、汗として排出される養分も増えてその分できるにおい成分も増えてしまいます。

 

 

便秘を予防するために

便秘対策にはとにかく食べるものが大切です。

食べ物を消化した後でできるものによって、体臭になるのかそうでないのかが変わります。

極端な話、臭わないものばかりを食べている場合は、それだけで排泄物さえ臭いさえ臭わなくなっていきます。

 

また、食べ物については臭いのするものと便秘になるものは関係あったりするのでここではにおいに焦点を当てて話していきます。

 

におってしまう食べ物ベスト3

3位:ニンニク

2位:乳製品

1位:動物性たんぱく質

 

やはり臭ってしまう原因となるのはダントツで肉です。

腸内で悪玉菌を増やしてしまい、結果腸の働きが弱くなってしまいます。

また、たんぱく質を吸収した分だけ汗に含まれる老廃物の量も増えてしまうので、肉ばかり食べる生活をいうのはいいとは言えません。

 

乳製品も同じくタンパク源。

腸にいいイメージもありますが実はこちらも腸内の悪玉菌を増やしてしまう(善玉菌を減らしてしまう?)という風な否定的な意見も多くて、積極的に摂るべきではないのかなと考えています。

そもそも乳糖を分解できない人というのも日本人には一定数いますしね。

 

 

臭いを消してくれる食べ物ベスト3

 

3位:オリゴ糖

2位:乳酸菌(善玉菌)

1位:食物繊維

 

オリゴ糖は腸内善玉菌の餌に、乳酸菌は腸内で善玉菌として働きます。

悪玉菌に比べて善玉菌の数が多いほど腸内環境は好ましいといえるので、乳酸菌を増やすこと。

そして、腸内環境を整えてくれる食物繊維をとることも大切です。

 

まとめ

人は食べたものでできているといいますが本当にその通りで、身になるまで様々なプロセスを通っていきます。

その過程を少しでも知っているだけでも、体に対する考え方は結構変わってくるので、知っていくことが大切なんだろうなと思います。

 

ということで、とりあえず今晩は海藻サラダを食べることにしようと思います。

down

コメントする