20代男のワキガ対策日記

オドレミンでかゆみ 原因は塩化アルミニウム?

time 2017/08/18

オドレミンでかゆみ 原因は塩化アルミニウム?

制汗剤でかぶれる

 

ワキガや多汗症対策として有名なオドレミンですが、私はあまり得意ではありません。

確かに汗はピタッと止まってサラサラにはなるんですが、使うとどうしてもかゆみがでて赤くかぶれてしまうんです。

 

今回はその原因について調べてみました。

 

 

かゆみの原因は塩酸?

調べてみたところ、痒みやかぶれの原因となっているのは「塩酸」のようです。

 

 

オドレミンだけでなく、多くの多汗症対策グッズには「塩化アルミニウム」が含まれています。

 

汗の水分と反応することで「水酸化アルミニウム」の結晶として固まり、汗腺にフタをしてしまうことで汗を止めてしまう性質を持っています。

 

多くの制汗剤はこの性質を利用して強力な制汗効果を発揮しているのですが、同時に塩酸も生成してしまうのです。

 

肌が強いのであれば塩酸でもかぶれることなく使用できますが、私はそうではなかったようです。

 

 

代わりに使っているのがこれ

ワキガ対策として直接肌に塗る液体やクリームが多く販売されていますが、私はそういったものを使うのに抵抗ができてしまいました。

 

そこで使い始めたのが「ヌーラビオ」という消臭スプレー。

 

これは服に吹きかけて殺菌するタイプのワキガ対策グッズなので、汗で落ちて塗りなおす必要もありませんし、必要な常在菌を死滅させてしまうものでもありません。

 

殺菌に使われているのは保育園や学校でも使われているPHMBという無臭で低刺激の成分です。

 

販売元はのいい快互服ドットコムというサイトで、初回は返品保証がついています。

→販売元サイトはこちらから

 

冬は特に、スーツににおいがこもらなくなるので愛用しています。

 

 

さいごに

ワキガ対策グッズは山のようにたくさん出ていますが、商品ごとにアプローチが違っていたり、種類もたくさんあります。

人それぞれ何が合っているかは違いますが、探していればなにかフィットするものが見つかるでしょう。

 

ネットの情報よりもまずは色々試してみて、あなたに合うものを見つけてください。

down

コメントする