20代男のワキガ対策日記

電車でテロといわれない程度のワキガのにおい対策グッズ

time 2017/09/02

電車でテロといわれない程度のワキガのにおい対策グッズ

ワキガであることを自覚してしまうと、その途端公共の場所に行くことが怖くなってしまいます。

避けられたり、注目されて自分の周りだけ雰囲気が違うのを感じ取ってしまうのは、それだけでも気分の悪いものです。

 

今回は、そんな電車でも注目されにくくするためのワキガ対策を紹介しようと思います。

 

私の場合はこれらを合わせて、通勤時に同僚から「あー、まあテロではないかも、うん。」くらいの反応を得られました。

 

とりあえず朝シャワー

朝起きてとりあえずシャワーを浴びます。

それでも最寄り駅に着くころには少しにおいが出てきてしまうので気休め程度ですが、皮脂のにおいは落とすことができるので習慣にしています。

 

制汗、除菌クリームを使う

私の場合は薬局で販売しているデオドラントでは不十分なようなので、いわゆるワキガ専用のクリームを使っています。

前はクリアネオを使っていましたが、今はノアンデを使っています。

 

乗り換えた理由は効果があるのかよくわからなかったから。

実際に使ってみるとさらさらしていて伸びがよく、安いデオドラントとは持ちが全然違うことはわかったのですが、それでも少しにおいが漏れているという指摘を受けました。

そのためランキングサイトなどを見てノアンデを使ってみることにしたのですが、こちらも効果は同じようなもののようです。

 

比べてみると主成分も同じで量も同じなので、どうせ使うのであれば定期利用で少しお得なクリアネオの方がいいのかもしれません。

 

制汗剤を使う方も多いみたいですが、パースピレックスやオドレミンなどの制汗剤は塩化アルミニウム(汗と反応することによって発生する塩酸)が肌に合わないので使うことができません。

 

衣服の殺菌、脇汗パッド

においのもとになっているのはアポクリン腺から出る汗ですが、外に放たれている匂いの多くは衣服についた汗をもとに常在菌が作り出しているのだそうです。

そこで、あらかじめ服の脇部分に殺菌スプレーを施しています。

 

ヌーラビオという消臭剤で、主成分は幼稚園や学校の備品消毒に使われている成分で肌にも問題なく使えています。これは「いい快互服ドットコム」というサイトで販売されています。

また、夏の特に暑い日にはアマゾンでアイリスオーヤマの脇パッドを買ってそれをつけるようにしています。

 

座席にはできるだけ座らず、窓際に立っておく

わざわざ座席の近くに行って避けられるのも嫌なので、座席には近寄らずにドア付近に立っているようにしています。

もしかすると、電車内でかたくなにドアの前を死守しようとしているのは私かもしれません。

 

 

見知らぬ人たちのためにできることは多くないのかもしれない

当然、マナーとして周りの人たちが不快に思わない程度にはにおいに気を付ける必要があるのだと思います。

自分では自分のにおいを判断することはできないので、私は対策するためにできるだけ人に確認するようにもしています。

 

ですが、その対策にも限界があります。

 

公共機関を使わなければならないのは仕方がないのですが、やっぱり使わずに済むなら使わずにいたいですよね。

down

コメントする